名前(和名) ガマズミ
属科 スイカズラ科
花期 5〜6月
山野の林縁などに生える落葉低木で、高さ2-4m
程度。葉は広卵形〜円形で両面に毛があり対生。
白色の小さな花が、多数密生して咲くため、
1つの花のように見えます。
花冠は直径5ミリで先が5裂。
果実は9-10月に赤熟し、甘くなって食用になり、
果実酒としてよく利用されるようです。
銅山越え (2001.7.1)

銅山越え (2001.7.1)

銅山越え (2001.7.1)

      萩生の森Topへ