名前(和名) ゴゼンタチバナ(御前橘)
属科 ユリ科
花期 7〜8月
最初に発見されたのが白山の主峰・御前峰で、「タチバナ」は赤い実が古名のヤマタチバナ(山橘)に似ていることから御前橘。
亜高山帯の針葉樹林の林床に生育する小さな多年草で、高さは5〜15cm。
白色の4枚の花びらに見えるのは、総萼で、中央に頭状に集まっているのが花。
葉は、6個輪生状につく。4枚葉は、花が咲かない。秋に赤く熟した実をつける。
薄暗い山中で、優雅な名前にふさわしい気品のある白い花が目立ちます。
東赤石山 (2007.6.30)

東赤石山 (2007.6.30)

東赤石山 (2007.6.30)    中央に集まっているのが花、花びらは散っている。

東赤石山 (2007.6.30)

東赤石山 (2007.6.30)

東赤石山 (2007.6.30)   なぜか4枚葉には花が咲かない


      萩生の森Topへ