名前(和名) ヒカゲミツバ(日陰三つ葉)
属科 セリ科
花期 8〜9月
深山の湿度の高い谷間に群生。
花は白色。総苞片はない。果実はややいびつな球形。シラネセンキュウやヤマゼリに比べて花序がまばらで花の数も少ない。

茎葉は2回3出複葉で、長い柄がある。 小葉は卵形〜楕円形で鋸歯がある。三つ葉を連想するのが名前の由来。
東赤石山 (2006.8.11)

東赤石山 (2006.8.11)

東赤石山 (2006.8.11)

東赤石山 (2006.8.11)   三つ葉を連想する葉のイメージ


      萩生の森Topへ