名前(和名) ホンシャクナゲ(本石楠花)
属科 ツツジ科
花期 4〜6月
シャクナゲの仲間で四国の山で最も普通に見ることができるホンシャクナゲ。 花が満開になると、ずっしりとした重みを感じるような迫力があります。
花びらが7枚、雄しべが14本、花びらの一部に濃い色の斑点ができるのが特徴。
東赤石山 (2001.6.1)

東赤石山 (2001.6.1)

稲叢山 (2001.5.18)

稲叢山 (2001.5.18)

      萩生の森Topへ