名前(和名) ホソバノヤマハハコ
  (細葉の山母子)
属科 キク科
花期 8〜9月
1000m程度以上の高地の日当たりの良いところに生えています。
名前が示すように葉の幅が2〜6oと細く、表面にも薄く綿毛が残り、全体的に白っぽく見えます。ほっそりした茎は高さ30p程で、途中で枝分かれせず、先端にやや細い頭花を散房状にたくさんつけています。
瓶ヶ森 (2003.9.15)

筒上山 (2001.8.14)

筒上山 (2001.8.14)  筒上山の覚心寺道場の
 石垣下に大群生している
 ホソバノヤマハハコ

瓶ヶ森 (2003.9.15)

瓶ヶ森 (2001.8.17)

      萩生の森Topへ