名前(和名) コハウチワカエデ
   (小羽団扇楓)
 別名:イタヤメイゲツ
属科 カエデ科 落葉高木
花期 4〜5月
四国では、標高800m以上の日当たりの良い山地に生える。カエデの仲間は、葉がそれぞれ特徴的で、コハウチワカエデは、葉が5〜11裂し、あまり深くは切り込まない。
新葉と同時に、花序下向きに出して、淡黄色小さな花を多数咲かせる。
よく似たオオイタヤメイゲツは、葉がもう一回り大きく、花序を上向きに出すことより区別できる。
権現山 (2005.5.28)

権現山 (2005.5.28)

権現山 (2005.5.28)

      萩生の森Topへ