名前(和名) ミヤマカタバミ(深山傍食)
属科 カタバミ科
花期 3〜4月
山の樹下に生え、夕方になると葉が半分食いちぎったように見えるため、"片食み"の名があるようです。
早春に、枯れ葉の中から顔を出して咲いている姿が見られます。
コミヤマカタバミより全体的に少し大きく、葉の角の丸みが少ないのが特徴
二ツ岳 (2007.4.29)    葉の角の丸みが、コミヤマカタバミよりも小さい

二ツ岳 (2007.4.29)

二ツ岳 (2007.4.29)


      萩生の森Topへ