名前(和名) ナベワリ(舐め割り)
属科 ビャクブ科
花期 4〜5月
葉が有毒で、舐めると舌が割れるから、舐め割り。和名がナベワリに変化したらしい。
林内に生え、高さは30〜50cm程度で、葉は数個互生する。5から9本の葉脈が目立つ。
細い花柄を垂らして、黄緑色の花を咲かせる。花被片は4個、外片2個のうち1個は大きい。
よく似たヒメナベワリの花は、ナベワリよりも小さく花片が、後ろにそる。

権現越え (2007.6.16)

権現越え (2007.6.16)   

権現越え (2007.6.16)

権現越え (2007.6.16)


      萩生の森Topへ