名前(和名) シコクテンナンショウ
   (四国天南星)
属科 サトイモ科
花期 5〜6月
オモゴウテンナンショウの変種。仏炎苞は濃紫色ときに帯紫色で、口辺部は広く開出して耳状になるところが基本種と異なる。四国の固有種。
茎葉は1個で、主軸からでる葉の枝が1本しかないく、、小葉は鳥足状で9〜15枚。
オモゴウテンナンショウは、仏炎苞全体が緑色を帯び、口辺部が、シコクテンナンショウほど広がらない。
稲叢山 (2004.6.5)

稲叢山 (2004.6.5)


      萩生の森Topへ