名前(和名) タカネハンショウヅル
         (高嶺半鐘蔓)
属科 キンポウゲ科
花期 8〜10月
山に生え、ツル性の低木で、釣鐘状の花を咲かせるので高嶺半鐘蔓。
淡紅紫色の釣り鐘状の花が半開して垂れ下がる。花に見えるのは、4枚の萼片で外側に短い白い毛が密集する。タカネハンショウヅルの花には花弁はない。
四国で咲くハンショウヅルの仲間では、最も遅く8月から10月頃咲くので、見分けがつきやすい。
東赤石山 (2006.10.14)

東赤石山 (2006.10.14)

東赤石山 (2006.10.14)


      萩生の森Topへ