名前(和名) タカネニガナ
  (高嶺苦菜)
属科 キク科
花期 7〜8月
ニガナの仲間では最も高山に自生する高嶺苦菜。西日本では石鎚と屋久島の頂上付近にだけで見ることが出来る。
花の直径はニガナよりも大きく直径約2cm、黄色の舌状花を10個程度付ける。高さは15cm程度しかならずに、細かく枝分かれする。
石鎚の頂上付近の岩場の割れ目に自生する姿は、高山植物の風情がある。
石鎚山 (2005.7.7)

石鎚山 (2005.7.7)

石鎚山 (2005.7.7)

      萩生の森Topへ