名前(和名) タンナサワフタギ
    (耽羅蓋木)
属科 ハイノキ科 落葉低木
花期 6月
済州島にも分布し(古名が耽羅)、沢を塞ぐように茂るためにタンナサワフタギ。
四国では、500mから1400mの山に自生する。花は側枝の先に円錐花序を出し、直径6〜7mmの白色の花を多数つける。花びらは5枚で突出した雄しべがよく目立つ。
よく似たサワフタギは、低山に自生し葉の先端がタンナサワフタギのように尾状には尖らない。
寒風山 (2005.6.25)

寒風山 (2005.6.25)

寒風山 (2005.6.25)

寒風山 (2005.6.25)

      萩生の森Topへ