名前(和名) タチツボスミレ(立坪菫)
属科 スミレ科
花期 4〜5月
スミレの仲間は、種類も多く、雑種や殖域による変種のために、名前がわかり辛い花です。このタチツボスミレは、スミレの中では、よく見ることが出来ます。
スミレ科は、地上茎のあるものとないものに2分され、種名を特定する際の最初の手掛かりとなります。タチツボスミレは、地上茎がある仲間で、地上に伸びた茎に葉と花が付きます。
地上の茎の葉と花が分岐するところに、たく葉と呼ばれる櫛状の葉が着くのが、タチツボスミレの特徴です。花は薄い空色(紫)で葉は卵形で、地上茎の途中から花と葉がでます。
西赤石山 (2001.5.1)

西赤石山 (2001.5.1)

天ヶ峠 (2005.4.23)

天ヶ峠 (2005.4.23)

天ヶ峠 (2006.4.23)


      萩生の森Topへ