名前(和名) ツクバネソウ(衝羽根草)
属科 ユリ科
花期 5〜7月
4枚の葉が、輪生して水平に開いている様子から衝羽根草。小型で、地味な色をしていますが、じっくり見ると、面白い花の作りをしています。
葉が4枚、外花被片が4枚、雄しべが8本、雌しべの柱頭が4本と4倍数で作られています。花期が終わりになると、雌しべと雄しべが放射状に長くのびていきます。
稲叢山 (2004.6.5)

稲叢山 (2003.5.18)

稲叢山 (2002.5.18)

手箱山 (2002.5.24)

稲叢山 (2002.5.18)

皿ヶ嶺 (2005.5.2)

高瀑 (2003.9.6)  ツクバネソウの実
緑と赤と黒のコントラストが目立ちます。

      萩生の森Topへ