名前(和名) ヤチマタイカリソウ
   (八街碇草)
属科 メギ科
花期 4〜5月
山の主に石灰岩地に生育する多年草で、高さは20〜40cm。葉は両面とも無毛で、春に白色の花をつけ、花弁には15〜20mmの距がある。葉の縁が褐色を帯びることが多い。
同じイカリソウの仲間で、春に白色の花を咲かせるヒメイカリソウの葉は、上面が無毛で、下面の脈上に毛がある。愛媛では、佐田岬で自生しているらしい。
東赤石山 (2004.5.27)

東赤石山 (2004.5.27)

東赤石山 (2004.5.27)

東赤石山 (2004.5.27)

      萩生の森Topへ