オトギリソウ科(オトギリソウの仲間)  萩生の森 Top > 四国の高山植物 Top > よく似た仲間 Top

オトギリソウ属

オトギリソウ

タカネオトギリ

サワオトギリ

ナガサキオトギリ
 オトギリソウ
          (弟切草)

         花期:7月〜8月

高さが20cm〜60cmほどとやや大型。


花の特徴

茎の先に多くの花を咲かせる。直径は1.8cm程度。花弁には黒線と黒点がある。

葉の特徴
葉は、広披針形状で、基部は茎を抱く。

分布
四国、北海道、本州、九州
茎の先に多くの花を咲かせる。 花弁には黒線と黒点、雄しべは短め 葉は、広披針形状で、基部は茎を抱く。 葉には黒点が目立つ

 タカネオトギリ
            (車葎)

         花期:6月〜7月

四国の山では、夏になると多く見られる。高さ10cm〜30cm程度で、群生する。

花の特徴
花は、2cmでオトギリソウの仲間の中では大型。多数の長い雄しべが目立つ。花弁には明線が多く、縁に少しの黒点がある。

葉の特徴
葉は花の大きさに比べて、小さく細長い楕円形状。明線はなくて縁に黒点が並ぶ。


分布
四国、九州
全体にバランスに比べて大きな花 多数の長い雄しべが目立つ 小さく細長い楕円形状、縁に黒点が並ぶ。

 サワオトギリ
          (沢弟切)

         花期:7月〜8月

山の湿気の多い場所に生える。高さ15〜40cm程度。

花の特徴
茎の先に1cm程の小さな花を数少なく咲かせる。花弁には、明線と明点、縁には黒点が目立つ。


葉の特徴
葉は、丸みのある楕円形。明点が目立ち、縁には黒点がある。

分布
日本全土
茎の枝分かれは少なく、茎の先に数少ない花 花弁には明線と明点、縁の黒点が目立つ 丸みのある楕円形の葉、明点が目立ち縁には黒点

 ナガサキオトギリ
            (長崎弟切)

         花期:7月〜8月

サワオトギリの変種で、茎が数本まとまって束生する。高さは30〜40cm程度となる。

花の特徴
茎の上部で2出集散花序を出し、サワオトギリよりも多くの数の花を咲かせる。花弁には明線が多くて、縁に黒点がある。

葉の特徴
葉は、長楕円形〜倒披針形で、明点が目立ち、縁には黒点がある。

分布
四国、九州

サワオトギリとの相違点
 ・茎が数本まとまって自生
 ・茎は太くて、上部の枝分かれ、花の数も多い
 ・葉が細長い
茎の上部でサワオトギリよりも多くの数の花 花弁の明線が目立つ、縁には黒点 葉は、長楕円形〜倒披針形で、明点が目立つ 数本がまとまって束生する。
 トサオトギリ
萩生の森 Top > 四国の高山植物 Top > よく似た仲間 Top