名前に”ショウマ”が付く仲間  萩生の森 Top > 四国の高山植物 Top > よく似た仲間 Top
ユキノシタ科 キンポウゲ科 バラ科

アカショウマ

アワモリショウマ

サラシナショウマ

オオバショウマ

ルイヨウショウマ

ヤマブキショウマ
 アカショウマ
            (赤升麻)

         花期:5月〜7月

林内や草地に生え、高さ40〜80cm程度。

花の特徴
花の付く側枝は長くて短い毛が密集し、ほとんど分岐しない。花は白色で、花びらは、少し細長い円錐状。

葉の特徴
葉は、3回3出複葉で、葉柄や基部の節に鱗片状の褐色の毛がある。葉の先は尾状に鋭くとがり、縁は重鋸歯。

分布
四国、本州、九州



2006.7.15 東赤石
花の側枝は、短い毛が密集する。
2006.7.15 東赤石
葉は、3回3出複葉で、葉の先は尾状に鋭くとがる。
2006.7.15 東赤石
花の付く側枝は、ほとんど分岐しない。
2006.7.15 東赤石

 アワモリショウマ
            (泡盛升麻)

         花期:5月〜7月

渓谷や沢の岩上など生える。高さは50cm程度。

花の特徴
花は白色で、花びらと雄しべの長さは同じ程度で、あまり雄しべが目立たない。花びらはやや丸みをおびたへら形状。

葉の特徴
よく似たアカショウマなどに比べて、葉が細いのが特徴。葉の基部側がひし形状に細くなる。葉は、2回から4回3出複葉。葉は少し光沢がある。

分布
四国、本州(近畿以西)、九州

 渓谷や沢の岩上に自生する。
060715 東赤石
花びらと雄しべは同程度の長さ。雄しべが目立たない。
060715 東赤石
葉は細長く、基部側はひし形状に細くなる。
060715 東赤石

 サラシナショウマ
            (晒菜升麻)

         花期:8月〜9月

深山の林に生え、高さ60〜120cmになる。似た仲間の中では最も大型。

花の特徴
茎頂に、きれいな形の円柱形の大きな花序を付ける。花は多数の雄しべが目立ち、雄しべの付け根に楕円形の萼片が付く。花柄が5〜10mm程度ある。花びらもあるがすぐに散ってしまう。

葉の特徴
葉は、2〜3回の3出複葉。小葉は卵形で、縁は不揃いの鋸歯。

分布
四国、北海道、本州、九州
茎の先に、大型のきれいな円柱状の花序を付ける。
020914 石鎚山
花柄が5〜10mm程度ある
020914 石鎚山
小葉は卵形で、縁は不揃いの鋸歯。
020914 石鎚山
深山の林内に自生する。
020914 石鎚山

 オオバショウマ
            (大葉升麻)

         花期:8月〜9月

50〜100cmの大型。 ウスバアザミの変種で四国では、わりと普通に見ることができる。

花の特徴
茎の上部に直立して穂状花序を出し、少し枝分かれする。白色の小さな花を咲かせる。萼片と花びらはすぐに散ってしまい、後に残った雄しべが目立つ。花には柄がない。

葉の特徴
葉は1回3出葉。小葉は円心形で、縁が5〜9裂する。
長さ7〜20cm程の大きめの葉。

分布
四国


よく似たギョウジャアザミは
 ・茎(特に花柄)や
総苞片が、紫を帯びる。
 ・イシヅチウスバアザミより小型で50cm程度。

茎の上部に直立して穂状花序、少し枝分かれ。 花の柄のない、白色の小さな花 小葉は円心形で、縁が5〜9裂 茎の上部に直立して穂状花序、少し枝分かれ。 萼片と花びらはすぐに散り、後に残った雄しべが目立つ

 ルイヨウショウマ
          (類葉升麻)

         花期:5月〜6月

深山の林内に生える。高さ30〜80cm。

花の特徴
茎頂にふっくらとした短い円柱状の花序を付ける。総状花序で、1個1個の花が、短いしっかりとした側枝に付く。多数の雄しべに、4〜6枚のへら状の白色の花びら。


葉の特徴
葉は、2〜3回の3出複葉で、小葉は卵形で粗い鋸歯がある茎頂にふっくらとした短い円柱状の花序を付ける。総状花序で、1個1個の花が、短いしっかりとした側枝に付く。多数の雄しべに、4〜6枚のへら状の白色の花びら。

分布
四国、北海道、本州、九州

茎頂にふっくらとした短い円柱状の花序
040515 銅山越え
1個1個の花が、短いしっかりとした側枝に付く
040515 銅山越え
2〜3回の3出複葉で、小葉は卵形で粗い鋸歯
040515 銅山越え

 ヤマブキショウマ
          (山吹升麻)

         花期:6月〜8月

山地に生え、高さ30〜90cm。雄株と雌株がある。小さな群生を作ることが多い。

花の特徴
花が咲いた状態では、雄株の方が派手で、雌株が少しすっきりとした感じ。花びらは白色で5枚、丸いへら形。

葉の特徴
葉の平行な葉脈が目立つのが特徴。葉は2回3出羽状複葉。葉の先は尾状にとがる。

分布
四国、北海道、本州、九州


小さな群生を作ることが多い。写真は雄株で派手。
040701 東赤石
花びらは白色の5枚で、丸い。
060715 東赤石
葉の平行な葉脈が目立つ。2回3出羽状複葉。
060715 東赤石
雌株の花。雄株よりもすっきりとした感じ。
060715 東赤石
 シコクトリアシショウマ
萩生の森 Top > 四国の高山植物 Top > よく似た仲間 Top