サトイモ科 テンナンショウ属 萩生の森 Top > 四国の高山植物 Top > よく似た仲間 Top
 

アオテンナンショウ

イシヅチテンナンショウ

オモゴウテンナンショウ

シコクテンナンショウ

シコクヒロハテンナンショウ

ツルギテンナンショウ


ナンゴクウラシマソウ

マムシグサ

ミツバテンナンショウ

ユキモチソウ

 アオテンナンショウ
          (青天南星)

         花期:5月〜6月

高さ50cm程度で、山の林内に自生する。全体的に青いイメージのテンナンショウ。


花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は全体が淡い緑色で、先端が細長い糸状に垂れているのが特徴。

葉の特徴
茎葉は普通2個、または1個。小葉は鳥足状に7〜11枚。小葉の先端も細長く細る。
葉の縁は鋸歯があることが多い。


分布
四国、本州(中国地方)、九州
茎葉が1個 茎葉が2個 小葉が鳥足状の7〜11枚に分岐 仏炎苞の開花前

 イシヅチテンナンショウ
          (石鎚天南星)

         花期:5月〜6月
仏炎苞は、茶褐色系で、筋が目立つ 茎葉が1個で手のひら状に5枚の小葉

高さは10〜20cm。石鎚山で発見されたので、石鎚天南星。四国の固有種。

花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は、茶褐色系で、白い筋が目立つ。
付属体は棍棒状で先はやや膨らみ、径6〜10mm。

葉の特徴
茎葉は1個で、小葉は手のひら状に5枚。
まれに6,7枚のこともある。


分布
四国(石鎚山系、剣山系)

 オモゴウテンナンショウ
            (面河天南星)

         花期:5月〜6月

林内に自生する。オモゴテンナンショウとも言う。


花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は緑白色で、基部の方には細かい紫斑がある。長く垂れ下がった部分は、緑色。
付属体は棒状で先はやや膨れる。


葉の特徴
茎葉は1個、小葉は鳥足状で9〜15枚。

分布
四国、本州(中国地方)
仏炎苞は、先端部は緑白色で垂れ下がる 仏炎苞の基部には、細かい紫斑がある。 茎葉が1個、小葉が鳥足状に11枚 小葉が鳥足状に15枚に分岐
 シコクテンナンショウ
            (四国天南星)

         花期:5月〜6月

オモゴウテンナンショウの変種。


花(仏炎苞)の特徴
オモゴウテンナンショウの変種だが、仏炎苞は濃紫色ときに帯紫色で、口辺部は広く開出して耳状になるところが基本種と異なる。花序付属体は棒状で先はやや膨れる。

葉の特徴
茎葉は1個、小葉は鳥足状で9〜15枚。

分布
四国

仏炎苞は、濃紫色ときに帯紫色 口辺部は広く開出して耳状になる 茎葉が1個、小葉が鳥足状に分岐

 シコクヒロハテンナンショウ
            (四国広葉天南星)

         花期:5月〜6月

主にぶな帯に生える。高さが10〜30cm程度と小柄。5月から6月初めにかけて葉が展開する。そして後から仏炎苞が出て来る。


花(仏炎苞)の特徴
炎苞は、緑色で白い筋があるが、ヒロハテンナンショウのように著しく隆起することはない。
仏炎苞は、小葉よりも低い位置に少し隠れるように咲く。


葉の特徴
茎葉は1個、小葉は手のひら状に5枚、まれに7枚。小葉の縁には、不揃いの鋸歯状になっていることが多い。

分布
四国・本州(山梨以西)・九州

手のひら状の5枚の小葉、縁の鋸歯が目立つ 緑色の仏炎苞、白い筋がある。 縁が鋸歯になっていない小茎、特徴的な葉脈。 仏炎苞は、小葉に隠れるように低く咲く。

 ツルギテンナンショウ
            (剣天南星)

         花期:6月〜7月

四国の中央部の山地に生育する多年草。高さは20〜30cm。和名は徳島県の剣山で発見されたことに因む。四国の固有種で、山の中で最も遅く咲くテンナンショウ。

花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は薄い緑色で白筋があり、先は前方に短く突き出す。花序付属体は細い棍棒状でやや長く、先は仏炎苞にそって前に曲がる。

葉の特徴
茎葉は2枚で、鳥足状の複葉。小葉は9〜15枚。

分布
四国の固有種

四国の山では、最も遅く咲くテンナンショウ 付属帯はやや細長くて、少し前に曲がる 仏炎苞は、先は前方に短く突き出す 茎葉は2枚で、鳥足状の複葉。小葉は9〜15枚

 ナンゴクウラシマソウ
            (南国浦島草)

         花期:4月〜5月

2枚目の写真の仏炎苞の中に見える付属帯の基部が、白く見えるので、ウラシマソウとは区別が出来る。


花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は、基部の方には細かい紫斑がある。垂れ下がった部分は、濃紫色。暗紫色の付属帯の先は糸状に長く伸びる。
付属帯の基部が白くて太くしわが密生しているのが特徴。よく似たウラシマソウは、付属帯の基部も濃紫色を帯びている。


葉の特徴
茎葉は1枚で長い柄があり、仏炎苞よりかなり上部で、鳥足状に小葉は分裂する。

分布
四国・本州(中国地方)・九州
仏炎苞は、上方部は濃紫色 長く伸びる付属帯の基部が白いのが特徴 茎葉が1個、小葉が鳥足状に分岐 小葉は細くて、中央が白く筋状に見える

 マムシグサ
            (蝮草)

         花期:4月〜6月

明るい森林や谷沿いのやや湿った場所に生育する。


花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は、緑色で白い縞がある。色には変異が多くて緑色から紫色もある。


葉の特徴
茎葉は2個で、鳥足状に小葉は多数分裂する。

分布
四国・本州・九州

*仏炎苞が緑色をしているのがアオマムシグサ。
 
仏炎苞が紫褐色のもを、ムラサキマムシグサ。
-

仏炎苞は、緑色で白い縞がある。 茎葉は2個 小葉は、鳥足状に分岐。

 ミツバテンナンショウ
            (三つ葉天南星)

         花期:4月〜6月

小葉が、3枚なので三つ葉天南星。


花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は、暗紫色で、先端部は長楕円状の三角形で前方に垂れる。

葉の特徴
茎葉は2個で、それぞれ3枚の小葉に分かれる。

分布
四国・本州(静岡)・九州
仏炎苞は、暗紫色。 仏炎苞の先端は三角形状で垂れ下がる。 茎葉は2個で、小葉は3枚に分岐。

 ユキモチソウ
            (雪餅草)

         花期:4月〜5月

仏炎苞からのぞく付属帯の先端部分がお餅のように丸く白く膨らんでいるのが特徴。


花(仏炎苞)の特徴
仏炎苞は、紫褐色で先端の舷部は垂れずにほぼ垂直に立つ。仏炎苞からのぞく付属帯の先端部分がお餅のように丸く白く膨らんでいるのが特徴。

葉の特徴
茎葉は2個で、小葉は鳥足状に数個つく。

分布
四国・本州(近畿地方)
付属帯の先端部が、真っ白い雪餅。 茎葉は2個、小葉は鳥足状に数枚に分岐。
  エヒメテンナンショウ
  ムサシアブミ
  ウラシマソウ
  マイヅルテンナンショウ
  オオハンゲ
  カラスビシャク
萩生の森 Top > 四国の高山植物 Top > よく似た仲間 Top