四国の山めぐり  権現山(1593m) : 2001年 6月30日  (1/1)
  
  ■法皇山脈の東赤石山の東に位置する権現山。
    西赤石山や東赤石山に比べると、それほど人気がある山ではありませんが、頂上手前の
    権現越えに広がる草原には、多くの高山植物が自生しています。
          
カシミール3Dによる権現山 (山旅倶楽部の地図データ利用)
床鍋登山口:約690m

 ■登山口
    権現山への床鍋登山口は、別子花街道から北側へ曲がってしばらく走った、民家の横にあります。
    しばらくは、杉の人工樹林帯の中を歩きます。

    権現越えまでの登山道は、何カ所か廃道になりかけており、岩をよじ登ったりするところも
    ありますが、道標を見失しなければ迷うことはありません。

   ■権現越え
   
     登山口から、約3時間程度で歩くと、 前方の視界が急に開け、南斜面に広がる草原に到着。
     この草原には、いろんな高山植物が咲いており、”権現越えのお花畑”とも言われているところです。

     この草原を登り切ると、権現越えに到着です。
  
     この権現越えから、西の方向に稜線を歩いていくと、約1時間で東赤石山。   
     見晴らしの良い、稜線の登山道なので、機会があれば歩いてみたいところです。 
権現越えの標識
東赤石山と権現山の分岐


  権現越えからの権現岩  権現越えから続く東赤石山行きの登山道
 稜線の、見晴らしの良い登山道です。

 ■権現越えから鉄塔へ

    権現越えから、権現岩を越え、鉄塔までは約20分程度。 
    稜線の道で見晴らしがいいのですが、権現岩から鉄塔までは、なんとか踏み後が見える程度で、
    背丈近い藪の中を、方向に頼っての歩き。

    この鉄塔までの稜線にも、ナンゴククガイソウ等いろんな高山植物が咲いており、
    展望と併せて、楽しんで歩くことができます。
    
    鉄塔から権現山頂上までの登山道は、背丈以上の藪の中で、踏み後もほとんど見えなかったので
    断念しました。

    帰りは、鉄塔の保線路沿いの下り。この道は非常に手入れがされています。
    下りは、約1時間ぐらいで分岐、さらに1時間ぐらいで床鍋の登山口に到着しました。
    
  権現越えからの東赤石山、八巻山方面 権現岩あたりのナンゴククガイソウの群生

権現越えからの瀬戸内海方面 権現岩

南側斜面の景色 この鉄塔沿いの保線路を下ります。 鉄塔から望む瀬戸内海

   ■ 権現山の高山植物

       権現越えから権現岩にかけては、高山植物の宝庫で、多くの花が咲いていました。
       特に、権現岩周辺は、高山性の珍しい樹木も見ることができました。


   
    ●権現越え〜権現岩周辺の高山植物
ウラジロモミ トゲアザミ ナンゴククガイソウ


シモツケ アカショウマ イワキンバイ ウバタケニンジン ヤマトウバナ


オトコエシ ナンゴククガイソウ シライトソウ クロヅル


バイケイソウ ハンショウヅル シロドウダン


ヤマボウシ コメツツジ カノコソウ


●登山道で見た高山植物
バライチゴ メノマンネングサ コナスビ


アオテンナンショウ イチヤクソウ ヤマアジサイ ナガバモミジイチゴ


               萩生の森 TOPへ > 山めぐりへ