四国の山めぐり  西赤石山(1626m) : 2001年 10月14日   (1/1)
 
 ■法皇山脈の東にそびえる西赤石山は、新居浜市内からも、その山の姿を見ることができます。
   西赤石山は、5月のアケボノツツジ、それと同じ頃銅山峰一体に自生する四国でも珍しいツガザクラ、
   アカモノで有名な山です。また、西赤石山から東赤石山につながる縦走路は人気のあるコースです。
   
   秋の季節には、見事な紅葉と秋の高山植物を楽しむことができます。
   今回は、赤石山からさらにその先の物住頭まで足を延ばしました。
   
      
カシミール3Dによる法皇山脈 (山旅倶楽部の地図データ利用)
*水色の登山道で、西赤石山から北側に降りるルートは、たぶん間違ってます。

  西赤石山に登るルートとしては、北側の東平からの
  コースと、南側の日浦からのコースがありますが、
  私は東平からのコースを利用しています。
  
  実は、今回で3度目ですがこれまでは、途中で雨が
  降り、西赤石山の頂上手前で引き返しており、
  西赤石山の頂上さらに物住頭まで歩いたのは、
  初めてです。
  
  東平から銅山峰ヒュッテ手前までは、よく整備された 
  とっても歩き登山道です。春は、いろんなツツジが
  鮮やかに咲き誇っています。
  
  約1時間30分ぐらいで、銅山峰ヒュッテ手前の
  分岐点に到着です。
  ここからは、急な登りで尾根を目指します。
  
  急な登りを50分程度歩くと、尾根到着。
 この尾根あたりも、季節毎の高山植物を
 楽しむことができます。

  ここから、西赤石山の頂上までは、
  見晴らしの良い尾根道を
  とっても心地よく歩くことができます。

   
急坂を登りきると、展望が開け→
新居浜市内・瀬戸内海が一望できます。  
 
 秋のススキ、遠くの山並み
この写真の中央あたりの尾根に北側から登ってきました。
遠くに石鎚、瓶ヶ森、笹が峰、冠山、平家平、そして手前に銅山越えも見えます。
     西赤石山までの縦走路からの山並み
     展望もよくて、快適な縦走路です。

  ■西赤石山(1626m)
 
   縦走路を1時間ほど歩くと、西赤石山に到着です。
   西赤石山の頂上からは、360度のパノラマを望む
   ことができます。
   
   この時期、紅葉満開には、今一歩という感じでした。
   
      
物住頭方面から見た西赤石山 西赤石山の目前の兜岩。西赤石から急坂を
直下していけば、10分ぐらいで兜岩に行けます。
手前から、物住頭、前赤石山、八巻山。
八巻山から頭だけ見えているのが、東赤石山
赤石山の紅葉
西赤石山頂上からの展望
左から、平家平、冠山、乳山、笹が峰、瓶が森ケ森、石鎚山、沓掛山

■物住頭(1634m)
     西赤石山から物住頭までは、約40分程度。
     ここも見晴らしの良い快適な縦走路です。
西赤石方面より 手前から物住頭、前赤石山、八巻山 前赤石山

 ■西赤石山からの下り
       
   物住頭から、同じ縦走路を西赤石山までもどって、
  同じ道で帰ろうと思っていましたが、西赤石山の頂上
  から北側の兜岩経由の標識が、気になる。

  どうしようかと迷っていたのですが、ちょうど居合わせた
  人に聞くと、”東平まで帰れますよ”と教えてもらったので、
  同じ道を帰るよりはおもしろい思い、西赤石山の北側
  直下の登山道で帰ることにしました。
  
   途中何カ所か分岐がありましたが、ひたすら登山口
  方面にいくと無事、東平に到着しました。かなり下った
  ところで、整備された雰囲気のある登山道もあります。

 ■西赤石山で見ることができた高山植物
   この時期、秋の高山植物も終わりかけており、なんとか咲き残っていた花を見ることが
   できました。
リンドウ ウツボグサ ホタルブクロ アサマリンドウ


コウヤボウキ ヒカゲノカズラ ミゾソバ ギョウジャアザミ


ゲンノショウコ ミヤマアキノキリンソウ ヒヨドリバナ


タカネオトギリソウの紅葉? ホソバノヤマハハコ

                        萩生の森 TOPへ > 山めぐりへ