四国の山めぐり  大座礼山(2001年11月11日) : 1588m

  前々から登ってみたいと思っていた、高知県の大川村にある大座礼山に行って来ました。
 ここは、山頂近くに自生する樹齢約600年のブナの巨木で有名なところです。

  この日は、朝からどんよりとした曇り空で、どうしようかなと迷いましたが、天気予報の
 ”昼から天気が回復する・・”との予想を信じて行くことにしました。大永山トンネルを抜けて、
 筏津山荘から大田尾越し方面に曲がって、しばらく走ると大座礼山登山道に向かう林道が
 あります。この林道に入ると、まもなく広々した駐車スペースがある
登山口に到着です。
      登山道は、取り付きの坂は急ですが、
     あとはなだらかで、特に迷うところもなく
     歩きやすいです。この時期、落葉広葉樹は
     ほとんど散っていて、落葉の絨毯のようで、
     気持ちよく歩けました。

   登山道で撮った写真です。すっかりと秋が深まってます。

  登山口から、だいたい1時間半ぐらい歩くと、目の前が開けた空間になり、巨大なブナの
 古木や、倒れて朽ちた大きなブナが迎えてくれます。この巨大ブナの空間でゆっくりと
 時間をすごしました。
  今回は、もやに霞んだブナ林
  ですが、これはこれで、結構
  雰囲気があって良かったです。

  完全に、落葉していました。
 
   結局この日は、小雨が降り
  続いて、もやのかかった
  天気で、頂上からの展望は
  望めなかったけど、大座礼山
  のすばらしさを、味わうことが
  できました。


               萩生の森 TOPへ > 山めぐりへ