四国の山めぐり  皿ヶ嶺(2002年4月7日) : 1271m
 
 ■県立自然公園に指定されている皿ヶ嶺、名前が示すように山の形が皿のように平らになっており
   山頂付近には、四国では珍しい高山性の湿原、竜神平があります。
   この皿ガ嶺は、季節折々の高山植物や野鳥を多く見ることができ、登山道も良く整備されている
   とっても親しみやすい山です。

   重信町の上林を起点とする登山口までは、舗装された林道が通じています。家からは、60kmほどあり
   1時間30分ほどで、登山口に到着。この登山口には一年中冷気がでる”風穴”があり、ここではこの
   冷気を利用して、ヒマラヤ産の青いケシの試験栽培をしているようです。

   今回、この皿ヶ嶺に初めて登りました。登り始めた時間が昼過ぎと遅く、その上奥さんと、Yuちゃん
   それに犬2匹という一団で行ったので、風穴の登山口から竜神平までのコースを歩きました。
   次の機会には、もう少し下にある水場から歩いて、竜神平周辺や皿ヶ嶺頂上周辺もゆっくりと
   歩いてみたいと思っています。  
  
カシミール3Dによる皿ヶ嶺 (山旅倶楽部の地図データ利用)
高度データ  登山口(風穴)  :約 950m
 竜神平      :1145m
 皿ヶ嶺(三角点):1271m

コースタイム  登山口/風穴(12:30) → 竜神平(14:10〜14:30) 
  → 登山口(15:45) 

 ■風穴から登山道
   風穴近くの登山口周辺は、十分な駐車スペースやトイレもある。
   風穴は、周囲の岩場の隙間から冷気が流れており、その冷気のため空気が白く漂っている。
  
   ここで試験栽培されているヒマラヤの青いケシは初夏の頃に花を咲かせるらしい。
   


      

               風穴周辺 →
 風穴からの登山道は、良く整備されたファミリーコース。ぶな等の自然林の斜面には、びっくりする
 ほど多くの山野草を見ることが出来る。
 花を咲かせているハシリドコロやハルトラノオやフキノトウ、鮮やかな新緑のヤブレガサ、バイケイソウ、
 シコクブシなどこれでもかと言うほど自生している。

 あいにくの曇り空で、時々霧がかかったりする天気。霧の皿ガ嶺も雰囲気があり悪くない。



 ■竜神平(1145m)
    樹林帯を抜けると、開けた竜神平に到着。ここ竜神平は標高1145mの高地にある湿原で、以前は
    ミズゴケが生えたきれいな湿原だったらしいが、今は枯れ草が堆積していた。
    この時期は、植物も青々とした状態にはなっておらず、全く花は見ることは出来なかった。
    霧がかかっており、見通しもあまり良くなく、時間が結構遅かったこともあり、今回は皿ヶ嶺の頂上
    までは行かなかった。
    霧に霞んだ雰囲気のある竜神平を味わうことが出来た。
    近くには、トイレや”愛大小屋”という無人の避難所もある。
   


 ■皿ヶ嶺、春の山野草と高山植物
   風穴からの登山道を少し登ったぶな等の自然林の斜面には、びっくりするほど多くの山野草を見る
   ことが出来ました。
   花を咲かせているハシリドコロやハルトラノオ、みずみずしい新緑のバイケイソウ、ヤブレガサなど
   春の山野草を満喫できます。     


   ○ハシリドコロ
     猛毒の植物で、誤って食べると幻覚症状をおこして苦しんで走り回るところから名前が付いたハシリドコロ。
     山の斜面で見事に群生していました。暗紫色の花も多く見られました。
     この時期、3〜5部咲きといったところ。


   ○ハルトラノオ
     ハシリドコロと同じく山の斜面で咲いていたハルトラノオ。
     小柄な花で、所々で小さな群生がよく目立ってました。


   ○ヤブレガサの若葉
     その名前が示すように、破れ傘をすぼめたような姿をしているヤブレガサの若葉。夏から秋頃に咲く
     白い花は地味なため、花よりもこの時期の若葉の方が見て楽しいです。
     ヤブレガサの若葉も見事に大群生。

   ○バイケイソウの若葉
     夏に梅に似た白い花を咲かせるバイケイソウ。
     この山の斜面ではバイケイソウの若葉も大群生。是非花の咲く頃にも登りたい山です。
     シコクブシの若葉も見られます。


  数は少なかったけど、サイコクサバノオも見ることが出来ました。まだつぼみ。
  万葉集にも出てくるヤマアイ、香りの良さから高級爪楊枝に利用されるクロモジの花も見ることが出来ました。   
サイコクサバノオ クロモジ ヤマアイ


ワサビ ウバユリの若葉 マムシグサ


   苔や奇妙なキノコも自生
シロキツネノサカヅキモドキ


  萩生の森 TOPへ > 山めぐりへ