四国の山めぐり  皿ヶ嶺(2002年5月3日) : 1271m
 
 ■県立自然公園に指定されている皿ヶ嶺、名前が示すように山の形が皿のように平らになっており
   山頂付近には、四国では珍しい高山性の湿原、竜神平があります。
   この皿ヶ嶺は、季節折々の高山植物や野鳥を多く見ることができ、登山道も良く整備されている
   とっても親しみやすい山です。

   今回の皿ヶ嶺行きは、近所のFさんファミリーと一緒に6人で山登り。   
   9時に出発して、途中コンビニによって、昼食の買い出しをして皿ヶ嶺に向かいました。
  
カシミール3Dによる皿ヶ嶺 (山旅倶楽部の地図データ利用)
高度データ  登山口(風穴)  :約 950m
 竜神平      :1145m
 皿ヶ嶺(三角点):1271m


 ■風穴から登山道
   ゴールデンウイーク期間中ということもあり、風穴周辺には、10台程度の車が既に止まってました。
   


  ぶななどの広葉樹林帯の林内には
  さまざまな高山植物、山野草が
  生い茂ってました。

 
皿ヶ嶺の登山道は、良く整備されて
おり、子供連れで行っても安心して
歩けます。




 ■竜神平(1145m)
   樹林帯を抜けると、開けた竜神平に到着。
   ここ竜神平は標高1145mの高地にある
   湿原。
    
   竜神平らに上がると、霧に覆われており、
   風が非常に強くて、じっとしていると寒い。

 竜神平は、風が強くて寒かったので
 風の弱い樹林帯の中で、お弁当。

 ■皿ヶ嶺、春の山野草と高山植物
   前回皿ヶ嶺に来て以来、約1ヶ月ぶり、広葉樹林帯の中の山野草は、青々と大きき成長してました。
   ヤブレガサやバイケイソウの若葉も大きく育ってました。
   バイケイソウは毒草で、新聞に山でこの若葉を食べて食中毒の記事が載ってました。
   
   ハシリドコロの花は、咲き残っているのが、1部程度といったところ。   
ヤブレガサ ハシリドコロ バイケイソウ


   ○イチリンソウ
     登山道の林内で一番目立っていたのが、イチリンソウ。
     あちらこちらで、イチリンソウの花が風でゆらいでました。


   ○シコクカッコソウ
     鮮やかな紅色の花を咲かせるシコクカッコソウ。
     高山植物の中でも人気のあるこの花は、限られた山でしか見ることが出来ない稀少な植物です。
     皿ヶ嶺でこのシコクカッコソウの群生を見ることが出来ました。



 ○ヤマブキソウ
    ヤマブキに似た黄色い花を咲かせるヤマブキソウ。
    数は少なかったけど、鮮やかな花の色が目立ってました。   


○写真以外にも
  タチツボスミレ、ヤマルリソウ、フモトスミレ、ワチガイソウ、コンロンソウなどの花が咲いてました。
シコクスミレ ヤマウツボ エイザンスミレ


  萩生の森 TOPへ > 山めぐりへ