四国の山めぐり  東黒森(1735m) : 2003年 8月23日  (1/1)

■東黒森(1735m)
 午前中、中学校の清掃作業を済ました後、昼からゆっくりと山へ行く。最近非常に暑いので、山の頂上で、涼みながら夕日でも見ようと14時30分に、Fさんと出発する。 時間も遅いので、短時間に頂上まで登れるところ、瓶ヶ森林道の登山口から伊予富士を目指す。
 
途中、旧寒風山トンネルの、寒風山や伊予富士に向かう登山口の駐車場には、7,8台程度の車が停まっていた。 そのまま瓶ヶ森林道を走って、伊予富士の登山口に、16時前に到着。

家を出発した頃は、快晴の天気だったが、高度を上げるに従って、ガスがかかってくる。 瓶ヶ森林道に入る頃には、太陽は完全に隠れてしまう。 登山口に付いた頃には遠くで、雷の音が聞こえてくる。

予定を、伊予富士から、さらに短時間で頂上まで行ける東黒森に変更してとりあえず、登ることにする。
      
伊予富士と東黒森への最短登山口



 カシミール3Dによる東黒森

   ◇高度データ
        登山口:約1550m
        東黒森:1735m
           
◇コースタイム
   家を出発(14:30) → 登山口着(15:55)
   登山口出発(16:00) → 頂上(16:35〜17:15)
   → 登山口(17:50) 


■笹ルートを歩く。


 高度1500mを越す登山口のために、ほとんど森林限界を超えており、高木の樹木はまばらに自生している程度。

 登山口から、東黒森と伊予富士の分岐までは、笹原の中のゆるやかなトラバース道。 分岐からは、稜線をすぐ横に眺めながらの笹ルートを歩く。相変わらず、空は雲に覆われており、ガスで霞んでいる。時折、ガスの合間から、伊予富士やこれから登る東黒森、四国の山並みが見える。  
 
      
正面に見えるのが、東黒森


登山道から見える、伊予富士山麓


ガスに霞んで見える、四国の山並み



■笹ルートの山野草

 笹ルートの短いコースだが、タカネオトギリとミヤマアキノキリンソウは、登山口から頂上に至るまでの間で、見られた。 登山口周辺には、オタカラコウ、テンニンソウ、ホソバノヤマハハコ、ヒヨドリバナも見られた。
ミヤマアキノキリンソウ


タカネオトギリ ホソバノヤマハハコ オタカラコウ




■東黒森山頂

 約30分ほどで、頂上に到着。なんとか雨は降っていないが、見通しはほとんど利かない。たまに、遠くで雷鳴も聞こえてくる。
 ラーメンを作って、しばらくガスが晴れるのを待つ。時折風でガスがとばされて、伊予富士の山頂が見える。
 
 夕日はあきらめて、17時15分に下りる。下りも30分ほどで登山口に到着。
  



頂上で、ラーメンを作って食べる。


伊予富士方面 西黒森方面