四国の山めぐり  石鎚山(1982m) : 2003年 8月10日  (1/1)



■石鎚山 (笹倉湿原から予定変更)

 台風10号が去った後に、ウマスギゴケの笹倉湿原に向かう。 笹倉湿原の登山口は、石鎚スカイラインの途中にある。
 家を5時40分に出発。194号線を通り、寒風山トンネルを抜けて、旧国道を上がっていく。 台風の大雨のため、路面を沢のように水が流れているところもある。特に問題なく、寒風山の登山口に到着。すでに5台ほどの車が停まっていた。 さらに瓶ヶ森林道を走る。ところどころで小さな落石はあったが、特に問題なく、7時30分に土小屋に到着。
 ここから石鎚スカイラインに入ろうとしたが、ゲートが閉じたまま。7時に開く予定のはずだが? しばらく待っていたがゲートが開く気配もない。台風の影響でスカイラインが閉鎖されたのかもしれないと思い、急遽笹倉湿原から予定を変えて、石鎚に登ることにする。
  アサギマダラ
石鎚の登山道や瓶ヶ森林道で多数飛んでいた。
ひらひら飛ぶ姿が優雅。

 カシミール3Dによる石鎚

 ◇高度データ
  土小屋登山口:1492m
  天狗岳   :1982m
  弥山    :1974m
◇コースタイム
  家を出発(5:40) →土小屋着(7:30) 
  →登山口出発(7:45) →東稜の分岐(8:45)
  →鳥居 (10:00) →石鎚山頂(10:40〜12:55) 
  →登山口15:00 
            *登山口まで家から約65Km


■土小屋登山道を歩く
 予定を変更して、土小屋からの登山道を歩いて石鎚を目指す。 青空も見えるが、頂上付近は雲に覆われている。石鎚スカイラインは閉鎖されているためか、8月の日曜日にしては、駐車場の車も登山ルートを歩いている人も少ない。

 途中ですれ違ったパトロールをしている方から、石鎚スカイラインは台風で落石して13日頃まで通行止めとのこと。それと、北壁のトラバース道のルンゼで崩壊しているところがあるが、歩いて通れるとの情報を教えてもらった。


登山道は、ガスに霞んでいる。 石鎚山頂も、雲に隠れている。


◇登山ルートで、咲いていた山野草
トゲアザミ タカネオトギリ ヒヨドリバナ


ミヤマヒキオコシ ヤマアジサイ




■北壁のトラバース道

  登山口から約1時間で、東綾分岐。 今日は、北壁のトラバース道を歩く。登山道は相変わらずガスに霞んでいる。 
 パトロールの方が教えてくれたとおり、2ヶ所のルンゼで崩壊があったが、通ることは可能。 夏の山野草が咲き誇っているトラバース道を時間を掛けて歩いていく。


崩壊しているルンゼが2ヶ所。通ることは可能。 トラバース道は、多くの夏の山野草が咲いている。


◇北壁トラバース道の山野草
トラバース道には、多くの夏の山野草が咲いていた。
ミソガワソウ、シコクフウロ、メタカラコウ、ハガクレツリフネはちょうど見頃で、群生していた。 ナンゴククガイソウも群生していたが、花の盛りは少し過ぎている。レイジンソウも咲き始めていた。
写真以外にも、ツルギハナウド、シシウド、コオニユリ、ウバユリ、イワアカバナ、シモツケソウも咲いていた。 

オオマルバノテンニンソウ ミソガワソウ


メタカラコウ ナンゴククガイソウ


シコクフウロ ハガクレツリフネ


ミソガワソウ レイジンソウ


■鎖場の巻き道を登る
 トラバース道の山野草でかなりのスローペースになったので、10時に成就社からのコースの合流地点にある鳥居に到着。ここからは、鎖は利用せずに巻き道を登って頂上を目指す。 
 
 この巻き道にも多くの山野草が咲いていた。巻き道の岩場の斜面にはメタカラコウ、オタカラコウ、シモツケソウ。 岩場にはダイモンジソウ、花の終わったミヤマダイコンソウも見られた。タマガワホトトギスは群生して咲いていた。


ミヤマトウヒレン 花の終わったミヤマダイコンソウ。


オオトウヒレン シラヒゲソウ ミヤマノダケ


タマガワホトトギス、巻き道で群生していた。



■石鎚山頂
 10時40分に、弥山に到着。
ガスで霞んで、展望は良くない。 頂上付近の温度は17度。 日差しも遮られており爽快。弥山でしばらく休んだ後に、天狗岳に向かう。ここでラーメンを作って、ゆっくりと昼食を取る。

天狗岳の頂上で、オカリナを吹く岡山からのご夫婦に会う。山で聴くオカリナの音色が心地よい。 下山もいろいろと話をしながら下る。
天狗岳から見る弥山。  
ときおりガスの合間から姿を見せる。


弥山の神殿 天狗岳頂上、奥に見える南尖峰


南尖峰(天狗岳より) 天狗岳(弥山より)


弥山山頂より西方向に少し進むと、三角点や西の冠山などの山並みが見渡せる場所がある。 ここでしばらく時間を過ごして12時55分に登りと同じコースで、下山開始。



■山頂付近で咲いていた高山植物

イシヅチボウフウ ミヤマアキノキリンソウ


オタカラコウ クロヅル


フクオウソウ ホソバシュロソウ コメツツジ


   萩生の森 TOPへ > 山めぐりへ