四国の山めぐり  赤星山(1453m) : 2004年4月29日   (1/2)

■赤星山
 赤星山は、カタクリやヤマシャクヤクなど春の山野草の多い山。 3年連続で、春の赤星山に向かう。 
 少し気温は低いが、天気は快晴。 6時半に家を出発する。別子花街道を走って、登山口を目指す。 途中の住友フォレスタや銅山越えの登山口は、なすび平のカタクリや、西赤石山のアケボノツツジなどを目的とする登山者の車が多く止まっていた。別子山村を抜けしばらく走った後、中尾へ向かう案内標識を、左折(北側)し林道を走る。 途中から中尾集落に方には曲がらずに、そのまま未舗装の林道を走って登山口を目指す。 この林道は、かなりダートな道で、ゆっくりゆっくり走る。 普通車では、きつすぎる。
自宅から望む赤星山
独立峰のようなきれいな姿に見える。

カシミール3Dによる赤星山 
 ◇高度データ
    登山口:約1000m
    赤星山:1453m
 ◇コースタイム
   家を出発(6:30) → 登山口(8:05〜8:15) *家から55Km
  →赤星山頂上 (9:35〜9:55) 
  →山麓のカタクリ群生地 (10:25〜12:10)
  →登山口(13:40)


■赤星山を目指して歩く。

 
登山口からしばらくは、自然豊富な広葉樹の自然林の中を歩いていく。林床には、タチツボスミレやエイザンスミレが咲いている。クロフネサイシンやミヤコアオイの地味な花も見られる。
 自然林の中は、さまざまな山野草が群生している。シコクブシ、ヤブレガサ、ヒトリシズカなどまだ花は咲いていないが、青々と育っていた。
   
 ゆったりとした登山道を歩いていくと、やがて幾本もの倒木。さらに進むと稜線沿いの登山道になる。
 
登山口近くからは、二ツ岳がきれいに見える。


明るい自然林の中のルート シコクブシの若葉の群生


ヤブレガサ ヒトリシズカ、 残念ながら花は咲いてなかった。




■シャクナゲの稜線ルート

 稜線に出てからは、シャクナゲが多数自生。しかし花は全く咲いておらず、つぼみも付けていない。 アケボノツツジが咲いている樹を1本、見ることが出来た。

 頂上に近づいてくると、カタクリの花が足下でぽつぽつ咲いている。次期が少し遅いのか? 数日前の寒波のためか? 痛んでいる花が多い。それでもまだまだ多くの花が咲いていた。


頂上手前の、カタクリの群生地。 ゆっくりと花を楽しみながら、頂上へ向かう。

■赤星山山頂(1453m)
 9時35分に、山頂に到着する。頂上は広々とした草地。快晴で空気も澄んでいるためか、山並みや、瀬戸内海の展望がすばらしい。 遠くに剣山系も見ることが出来た。

 頂上には、20人ほどの登山者。カタクリは頂上の草地には、意外と少ない。次期が遅いためか咲いているカタクリは、あまりなかった。
 20分ほどくつろいでから、山麓のカタクリ群生地を目指して下っていく。 


◇二ツ岳から赤石山系へと続く山並み


◇四国山脈の山並み(クリックで拡大写真
  遠くに、国見山や工石山も展望できる。


◇瀬戸内海の展望。
  赤星山は海に近いため、瀬戸内海・四国中央市の展望もすばらしい。


■山麓を下る。
 
 山麓のカタクリの群生地を目指して下っていく。途中のルートは、崩壊している箇所や藪で覆われていてルートがはっきりしないところも多い。
 この下りの山麓も、広葉樹の原生林で、自然豊富。エンレイソウ、ユキザサ、ラショウモンカズラ、タチツボスミレなどが群生して咲いている。 バイケイソウの若葉も青々と育っている。

  
山麓から見える、赤星山のなだらかな山頂


エンレイソウ オモト、花は咲いていない。

ユキザサ、花は蕾 ラショウモンカズラの群生


ルイヨウボタン バイケイソウの若葉


カタクリの山麓群生地へ>>  萩生の森 TOPへ   山めぐり TOPへ