四国の山めぐり  皿ヶ嶺(1281m) : 2004年5月8日   (1/2)

■皿ヶ嶺
 花の山、皿ヶ嶺。2年前には4回登ったことがあるが、昨年は、なぜか、一度も行ってない。約2年ぶりに、Fさんと皿ヶ嶺に向かう。
 
 それと、今日の最大の目的は、まだ自然の中では見たことがない、あこがれの花を見ること。昨年の12月に、伊予富士で知り合った山の先輩が、その花を見に行くと連絡をもらった。 お願いして一緒に連れて行って頂く。
皿ヶ嶺の遠望
(この写真は、2002年7月撮影)

カシミール3Dによる皿ヶ嶺 


■皿ヶ嶺山頂(1281m)

 
 三角点のある場所より約10m高い位置にある、皿ヶ嶺山頂。 山頂にはちょっとしたスペースがある。 ここでコーヒーブレイク。
 天気を心配していたが、晴れ。 雨の心配はなさそう。 気温も穏やかで、吹き抜ける風が心地よい。 頂上からは重信? 川内?の町並みが見えるが、霞んでいる。

 ここから、竜神平に下る。
 


山頂からの展望。 町並みを見下ろすことが出来るが、霞んでいる。


■竜神平に向かう。

 山頂から、竜神平に向かう。
林床を笹で覆われた、自然林の中を下っていく。 りっぱなブナ林。 足下にはスミレの仲間が咲いている。

 約15分ほどで、竜神平に着く。
ツルアジサイも多い。
小さな堅い蕾をいっぱい付けている。

笹で覆われた、広葉樹の自然林。 りっぱなブナも多い。

■竜神平
 標高1145mの高地にある湿原。 以前はミズゴケが生えたきれいな湿原だったらしいが、今は枯れ草が堆積している。
 季節折々に、コバギボウシ、ハンカイソウ、ササユリなどが咲く竜神平だが、今の時期は咲いている花は無い。 ここで、インスタントラーメンで昼食。

 しばらく休んだ後、竜神平の集回コースを歩く。また同じ場所に戻ってくるので、ザックをおいて出発する。 周回コースは、アップダウンのほとんどない、快適な自然林の中を歩く。まさしく森林浴で快適。 鳥のさえずりも良く聞こえる。 のんびりと歩いても30分ほどのコース。




竜神平 自然林の中の竜神平周回コース


松の芽吹き。頭にまだ種を被っている。 ミツバツツジ


皿ヶ嶺の山野草>>    萩生の森 TOPへ   山めぐり TOPへ