2006年7月15日 (1/2) 床鍋登山口から、権現越え・東赤石山・八巻山を歩く。
1461m       1707m        1698m


■権現越〜東赤石山〜八巻山

 今日から3連休の初日。天気も良さそうなので、今年初めての東赤石を歩くことにする。
 5時過ぎに家を出発する。途中コンビニによる。権現越えから東赤石・八巻山のコースを歩く予定。床鍋登山口を目指す。

 筏津、瀬場の登山口を通り過ぎ、床鍋の登山口に着いたのが、5時50分。 近くの駐車スペースに車を止めて準備をする。
 
シコクギボウシが花盛り





Google Earthによる東赤石山 (赤色のルートを歩く)
床鍋登山口 → 権現越え → (トラバース道) → 東赤石山
→ 八巻山 → 赤石山荘 → 瀬場登山口

 ◇高度データ
    床鍋登山口:約690m
    権現越え  :1461m 
    東赤石山  :1707m
    八巻山   :1698m
    瀬場登山口:約650m
 ◇コースタイム
   家を出発(5:05) → 床鍋登山口 (5:50〜6:00)
    *家から約32Km

   床鍋登山口出発(6:00) →沢の休憩ポイント(6:55〜7:15)
   →権現越えの草原(8:40〜9:30)
   →東赤石トラバース道分岐(10:18)
   →トラバース道と東赤石山頂への分岐(11:30)
   →東赤石山(11:57〜12:25) → 八巻山 (12:55) 
   →赤石山荘 (13:25〜14:00)
   →瀬場登山口(17:20) → 床鍋登山口(17:40)



■床鍋登山口を出発

 6時に登山口を出発し、権現越えを目指す。民家の横を通って登山道に入る。

 しばらくは、杉の植林帯。間伐や枝打ちがしっかりとされている。陽射しが差し込み明るい。今の時期はセミが多い。途中から自然林と植林が混じる。 
床鍋登山口


登山口からしばらくは、植林帯の中を歩く。




■沢で休憩

 登山口から約1時間で、沢をわたるポイント。1回目の休憩を取る。沢の岩は苔に被われていて、水量も豊富。沢を渡る風が涼しい。沢周辺には自然林が広がる。

 ここで20分ほど、少し長めの休憩を取る。

水量の豊富な沢







 沢で休憩してから、権現越えを目指す。沢からは植林帯は少なく、自然林が広がる。

テバコモミジガサ、まだ蕾


ヤマホトトギス、ほとんどがまだ蕾 コナスビ


モミジガサ ヤマトウバナ ギンレイカ


シャクナゲのトンネル、花期は終わっている 鉄橋や木橋でルートが整備されている。


■権現越えの草原

 崩壊した沢を渡ってしばらく歩くと、明るい草原が広がる。 8時40分に、権現越え草原の山麓に着く。
 この草原は、"権現越えのお花畑"とも言われていて、高山植物が多く咲いている所。花の写真を撮りながら、ゆっくりと草原を登っていく。

 草原を登り切ったところが、権現越え。西側の上方には、巨大な岩、権現岩がそそり立っているのが見える。ここでパンとおにぎりを食べながら休憩。
 9時半にトラバース道経由で東赤石山を目指して出発する。
 
権現越えの草原
上に見えるのは、権現岩


高知方面の山並み 権現越えから権現岩、権現山へと続く稜線ルート


権現越えは、風の通り道。青空があっという間に瀬戸内海側からのガスで霞んでしまう。
ガスもすぐに流れて、青空が広がる。




■権現越えの高山植物

 権現越えのお花畑、調度見頃は、シモツケ、ウバタケニンジン、ヤマブキショウマ、イワキンバイ。赤・白・黄色の花が鮮やか。

 オトメシャジンも数輪、咲き始めていた。夏の花、ツルギハナウドやナンゴククガイソウは、まだほとんどが蕾。 
カノコソウ


ウバタケニンジン、見頃 ツルギハナウド、ほとんど蕾


ナンゴククガイソウ、ほとんど蕾 シモツケは満開


ヤマブキショウマ ツルギハナウド、咲いているのはわずか

■トラバース道で東赤石山を目指す。
 9時30分に、権現越えを出発して東赤石山を目指す。
 東赤石山への稜線ルートとトラバースルートの分岐までは、急坂が続く。
急坂が続く 稜線と巻き道ルートとの分岐。
道標には、”赤石山荘70分、頂上50分”



■トラバース道を歩く

 
 稜線ルートとの分岐から、東赤石山南麓のトラバース道を歩く。
 
 ほとんど高度差のないトラバース道だが、岩歩きが多くて、頭上には白骨林が広がる。下方に広がる山麓の眺め、岩上に咲く高山植物など、変化に富む面白いコース。

 
東赤石山南麓のトラバース道、正面に平家平と冠山が見える。


岩上に生える、シコクギボウシ


岩場の続くトラバース道 ウバタケニンジンも、岩上に自生


イワキンバイは満開 イヨノミツバイワガサは、花の後






シコクギボウシ

 トラバース道の岩上にはシコクギボウシ。ちょうど見頃で濃い紫色の花が美しい。


コウスユキソウ シモツケ





 岩場が続くトラバース道だが、危険なところや迷いそうな所はない。木製の橋で整備もされている。

トラバース道の岩場にも花が多い。南麓の視界も広がり快適なルート。
 



■トラバース道と頂上ルートの分岐

 この分岐をそのまま真っ直ぐ進めば、赤石山荘。この分岐を右に折れて東赤石山の山頂を目指す。
 
 しばらくは急坂を登っていく。

 東赤石山山頂の少し手前で、。剣山系を中心に四国の山を歩いている、紫雲さんご夫婦に初めて会う。しばらく立ち話をして挨拶と情報交換する。


東赤石山・八巻山へ>>    萩生の森 TOPへ   山めぐり TOPへ